――マスクをしている時は若く見えたのに、マスクを外したら…。

 マスク生活がすっかり日常となり、「メイクが楽になった」といった嬉しい声が聞こえる一方で、マスクを外した時の「ギャップ」にも注目が集まっています。

 マスクをしているときは若々しく可愛らしい印象なのに、食事などの際にマスクを外したら、「あれ!?思ったより年上!?」なんて思われたくないですよね。最近は、こういった現象を“ギャップ萌え”ならぬ〝ギャップ萎え〟なんて呼ぶことも! 

コロナ禍の今、マスクの下では、いったい何が起こっているのでしょうか?

コロナ禍で、写真が老けて見える人が急増!

2020年にアラガン・ジャパン社が行った「コロナ禍でのお顔の悩みに関する調査」によると、コロナ禍では約5割(48%)の人が「写真が老けて見える」と感じていることが判明。

Q.最近お顔のこんな悩みはありませんか?アンケート画像

コロナ禍でのお顔の悩みに関する調査/アラガン・ジャパン/2020年9月25日~2021年4月30日

次いで約3割(34%)の人が「疲れて見える」と感じていることも分かりました。また、これらの原因は、「フェイスラインのたるみ・崩れ」や「ほうれい線」にあると感じている人が多いようです。

また、2013 年に同社が行った「シワに関する調査」では、他人の顔で「老けた」と感じるところ、 1位「たるみ」、2位「シワ」という結果が出ており、他の人の顔を見る時も、「たるみ」と「シワ」が老け見えのポイントであることが明らかになっています。

 

Q.自分の顔/同年代の友人の顔で、「老けたなぁ」と感じるのはどんなところですか?アンケート

 

シワに関する調査/アラガン・ジャパン/2013 年 8 月 15 日~8 月 20 日

マスクの下で、顔が老化している?

では、マスクの下ではいったい何が起きているのでしょうか。

実は、フェイスラインのたるみやほうれい線の根本原因は、お顔の奥にある「骨や皮下脂肪の減少」。加齢とともに皮下脂肪のボリュームや骨が減ってしまい、皮膚が垂れ下がることで、フェイスラインのたるみもほうれい線が発生します。ほうれい線は、表情のくせによってできる「表情ジワ」と誤解されている方も多いのですが、正しくは皮下脂肪が垂れ下がった頬のたるみによってできる「たるみジワ」の一種なのです。
ほうれい線の加齢の変化の画像
コロナ禍でマスクをつけている時間が長くなり、マスクをしていないときに比べて顔の筋肉、表情筋の活動量が落ち、衰えたため、以前は筋肉でカバーできていたフェイスラインのたるみやほうれい線がより気になるという方が増えていると考えられます。
 
シワやたるみの原因についてもっと詳しく知りたい方はこちら

シワに効く美容液や、表情筋トレーニングの落とし穴

化粧品の画像

お顔のシワやたるみが気になり始めた時、まず思いつく対策はシワ改善美容液かもしれません。しかし、スキンケア化粧品で改善が可能なのは「乾燥による小ジワ」。ほうれい線のような「たるみジワ」は改善が難しいとされています。

 また、表情筋トレーニングや美顔器も、筋肉を鍛えるためには効果的かもしれませんが、たるみの本来の原因である減ってしまった骨や皮下脂肪を取り戻すことは難しいのです。 

エビデンスに基づいた美容医療とは?

高級な美容液や美顔器をいくら使ってもシワやたるみが改善しない。そんな方は、美容クリニックでお顔の悩みについて相談してみてもよいかもしれません。

美容クリニックで提供される「美容医療」とは、科学的な根拠に基づいた美容ケア。専門的な知識を持った医師が、お顔の状態を診た上で、一人ひとりにあった治療を提供してくれます。最近は、美容法の一つとして美容医療を活用される方も増えてきています。

中でも、フェイスラインのたるみやほうれい線には、「ヒアルロン酸注入治療」という選択肢があります。気になる部位にヒアルロン酸をダイレクトに注入することにより、シワや溝を内側から押し上げ、目立ちにくくする治療です。ヒアルロン酸は、もともと存在している物質なので、皮膚とのなじみもとてもよいことが特徴で、美容医療が初めてという方でも、敷居の低い治療のひとつと言えます。

ヒアルロン酸注入治療についてもっと知りたい方はこちら

まとめ

シワやたるみといったエイジングサインが原因となっておきるかもしれない、マスクを外した時の“ギャップ萎え”。いざという時に備えて、日々のスキンケアや美顔器ではお顔の悩みがなかなか解決しないという方は、美容医療を活用することもぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

監修

Doctor_imaizumi Doctor_imaizumi

医療法人青泉会今泉スキンクリニック 院長 今泉 明子 先生

聖マリアンナ医科大学卒業後、同大学院 にてアトピー性皮膚炎に対する抗アレルギー薬の効果について研究し、博士号取得。その後、日本赤十字医療センター 皮膚科にて勤務。2003年、最先端の美容医療を学ぶため渡米。再生医療の研究で有名なニューヨーク ワイル・コーネル医科大学(皮膚科)にてDr.Granstein教授に師事し、米国大手化粧品メーカーとの共同研究に携わる。2007年、米国から帰国後、東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニックNoage(ノアージュ)の院長に就任。『ヒアルロン酸注射』『ボツリヌス注射』などの注入治療をはじめ、レーザー治療、育毛治療などさまざまな治療における幅広い対応力から、政財界・芸能界の多くの著名人からの信頼を集める。