面倒だと思いませんか? 毎朝のメイク時間。

手早く簡単にメイクを済ませることができたら、もっとゆっくり睡眠をとったり、もっとしっかりと朝食を食べたりできるのに――。

女性なら、きっと誰もがそう思ったことがあるかもしれません。

プロのヘアメイクさんによると、メイクする方の年齢が高くなればなるほど、メイクにかかる時間が長くなる、というのが定説だそうです。それは、コンシーラーでシミや目元の影を隠したり、ハイライトでツヤや立体感を仕込んだりするなど、自然に美しく仕上げるには時間も手間もかかるからです。

私たちが普段しているメイクも同じで、年齢とともに時短メイクが難しくなってくるのが現実といえるでしょう。特に目まわりの影は、見た目印象を一気に引き下げ、暗く寂しげな印象を招いてしまうのでメイクにも時間がかかりがちです。

目まわりの〝影〟はなぜできる?

女性の目元

女性たちを悩ませる目まわりの“影”は、なぜうまれるのでしょうか?

その原因は、顔の骨や皮下脂肪の減少です。

加齢とともに目のまわりの骨や皮下脂肪が減り皮膚がたるむことで、くぼみが広がり、影がうまれています。また、目尻のシワは、加齢とともに皮膚の弾力や筋力が低下することによってできています。

しわの種類についての画像

このたるみやシワによる〝影〟こそが、顔立ちを暗く寂しげに見せ、老けた印象を作っているのです。

しわの種類について詳しくはこちら

目まわりの〝影〟を消せば、時短メイクも可能に!

年齢とともに増えてくる目まわりの〝影〟。保湿や紫外線対策を心がけていても、加齢とともに影が気になってくる場合もあるでしょう。時間をかけてメイクで隠すのも一案ですが、それ以上に手軽に目立たなくする「美容医療」という選択肢もあります。

「美容医療」と聞くとなんだか怖い・・・。というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、美容医療は皆さんが思っているより、とても手軽でかつ自然に気になる悩みを解決してくれる方法です。簡単な治療で周囲の人に気づかれることなく、目のまわりのアンチエイジングが可能になってきています。美容医療の力を借りれば、朝のメイク時間を半分にすることも夢ではありません。

美容医療で目元のアンチエイジング

ヒアルロン酸注入治療する女性の画像

目のまわりのアンチエイジングの代表的な治療には、ヒアルロン酸注入治療やボツリヌス治療があります。それぞれの治療について、簡単にご紹介します。

ヒアルロン酸注入治療でできること

ヒアルロン酸注入治療とは、しわやたるみ、加齢による顔のボリューム減少の改善、小じわの改善などの目的で、皮膚にヒアルロン酸を注入する治療法のことです。

目のまわりの気になる部位にヒアルロン酸をダイレクトに注入することにより、減ってしまった骨や皮下脂肪を補い、しわやたるみを内側から押し上げ、目立ちにくくすることが可能です。

施術時間は部位などによって異なりますが、1か所につき5~10分前後が目安です。2~3日は注入部分がふくらみ気味になる場合もありますが、約1週間で自然な仕上がりに落ち着きます。

ヒアルロン酸注入治療についてもっと知りたい方はこちら

ボツリヌス注射でできること

ボツリヌス注射とは、ボツリヌス菌が産生する成分を加工したタンパク質の製剤を肌に注射する治療のことです。

ボツリヌス注射を表情筋に注射すると筋肉をリラックスさせることができるため、眉間や目尻などの「表情ジワ」の治療によく用いられます。

治療にかかる時間は治療する部位や範囲により多少異なりますが、10分程度です。ダウンタイム※1もほとんどなく、アメリカでは、年間440万人以上が施術を受ける、非常にポピュラーな美容治療法の一つです。

※1 ダウンタイム:

施術後から回復までの期間のこと。施術前の生活に戻れるまでの期間。

ボツリヌス注射についてもっと知りたい方はこちら

まとめ

加齢とともにメイクでカバーしきれなくなってくる目のまわりの影。美容医療の力を借りることで、毎日のメイクの手間が省け、シンプルなメイクをするだけでも若々しく魅力的な印象に近づけるかもしれません、また、〝影〟がなくなることで目まわりがはっきりして、肌色全体も明るくトーンアップして見えるので、ファンデーションを厚塗りしなくてもいい、といいった声も。

毎日、時間をかけて複雑なメイクをするか? あらかじめ〝影〟を消しておいて時短メイクをするか?今では選択できる時代になっています。気になる方は、ぜひ一度美容クリニックで医師に相談してみてください。