自分なりに頑張ってスキンケアをしているのに、なかなか肌が綺麗にならない…。美容クリニックでの治療も気になるけれど、どの治療がよいか分からず二の足を踏んでいる、という方も多いはず。

美容医療の中でも特に人気の高い「肌質改善治療」ですが、その治療法は多岐にわたります。今回は、秋葉原スキンクリニック 院長 堀内祐紀先生に、美容クリニックで受けられる肌質改善治療についてお話をうかがいました。

自宅でのスキンケアと肌質改善治療の違いって?

――自宅でのスキンケアと美容クリニックで受ける肌質改善治療にはどんな違いがありますか?
 
化粧水や美容液、乳液などを使ったスキンケアは、「角質層」までにしか浸透しません。つまり、ケアできるのは肌表面までです。一方、美容クリニックでは、治療の種類にもよりますが、角質層よりもさらに深いところにアプローチすることも可能です。
 
また、美容クリニックで扱っている機器は、自宅用の機器に比べて、肌に美容成分を浸透させる力が強いです。つまり美容クリニックで行う治療の方が、肌への浸透率が一般的に高いと言えます。
 
――美容クリニックでの肌質改善治療に適しているのは、どのような方ですか?
 
20代を超えると、何かしらのお肌のトラブルが出てくる方が大半だと思います。ご自宅でのケアに限界を感じている方、肌の潤い・ハリ不足、毛穴詰まり、肌のザラつき、シミ、しわなど悩みを抱えている方は、一度美容クリニックで肌質改善について相談してみると解決法が見つかるかもしれません。
 
自分の肌をさらに良くしたいと思っている方、自己流のケアでは満足できない方は、ぜひ美容クリニックにご相談ください。

最新の治療法も登場!肌悩みに応じた「肌質改善治療」とは

Alt text: 美容医療の準備をしている女性の画像
――肌の悩み別に、どういった肌質改善治療のオプションがあるのでしょうか?
 
患者さんの肌質や肌の状態によって適している治療はさまざまです。悩み別に、いくつか代表的な治療をご紹介します。

肌の潤い・ハリ不足に悩む人向けの治療

◆導入治療
(イオン導入、超音波導入、エレクトロポレーションなど)
微弱な電流や超音波の振動を活用することで、肌の奥深くにより多く美容成分を浸透させる治療。治療により導入率が異なる。肌質やご希望に合わせて治療を選択する。
 
◆I P L治療(フォトフェイシャルファースト)
IPLという光を顔全体に照射する治療。様々な波長の光を照射することで複数の肌トラブルを同時に改善。
 
◆レーザーフェイシャル
医療脱毛にも使うレーザーを顔全体に照射することで、美肌・美白治療とムダ毛の脱毛を同時に叶えて明るい肌に。
 
◆水光注射
肌の再生に有効な成分を皮膚表層に均一に注入し、肌の内側からツヤと弾力のあるハリをつくりだす治療法。入れる薬剤により、効果が様々。
 
◆スキンニードリング
極細の針で肌にごく小さな穴を無数に開け、その刺激で肌の再生を促す。コラーゲン、エラスチンなどが活性化、増加し、小皺改善、引き締まり、皮膚の質感改善などが期待できる。
 
◆ケミカルピーリング
酸で角質層を軽く剥がすことで肌の代謝が良くなり、くすみが改善し、皮膚の質感もよくなる。ニキビにも効果的。
 
◆肌質改善を目的としたヒアルロン酸注入治療
顔や首の真皮内にまんべんなく、少量ずつヒアルロン酸を注入することで、肌の保水性を長期間持続させる治療。肌のハリや弾力を高めるだけでなく、小じわを改善してなめからな肌質を目指せる。
 
☆新たに登場した肌質改善を目的としたアルロン酸注入治療とは?
厚生労働省から承認を受けた「1回の治療で肌質改善の効果が期待できるヒアルロン酸注入製材」が登場しました。ヒアルロン酸を皮膚に注入する治療は従来からありましたが、持続力が短く、2~3週間に1度の注入を4~5回繰り返す治療が主流でした。しかし、新たに登場したヒアルロン酸注入治療は、持続期間が長く、肌の保水性が最大9ヵ月持続するというデータが得られており、治療のサイクルを長くできるメリットがあります。 ヒアルロン酸を肌に注入することで肌に水分が蓄えられるため、皮膚の保湿感が内側から演出でき、ハリや弾力感の向上が期待できます。さらに小じわの改善にもつながるので、しわの少ないなめらかな肌も目指すことができます。
 

毛穴に悩む人向け治療

◆スキンニードリング
極細の針で肌にごく小さな穴を無数に開け、その刺激で肌の再生を促す。コラーゲン、エラスチンなどが活性化、増加し、毛穴縮小効果が期待できる。
 
◆フラクショナルRF
ニードリングと高周波(RF)の相乗効果で真皮を加熱することにより、コラーゲン、エラスチンなどが活性化、増加し、毛穴縮小効果が期待できる。スキンニードリングよりダウンタイムが少ない。
 
◆コラーゲンピール
コラーゲンの生成を強力に促進する特殊なピーリング剤を使用することで、毛穴の目立たない肌に。
 
◆イオン導入や超音波導入
微弱な電流や超音波の振動を活用することで、肌の奥深くにより多く美容成分を浸透させる治療。
 
◆I P L治療(フォトフェイシャルファースト)
IPLという光を顔全体に照射する治療。様々な波長の光を照射することで複数の肌トラブルを同時に改善。
 
◆レーザーフェイシャル
医療脱毛にも使うレーザーを顔全体に照射することで、美肌・美白治療とムダ毛の脱毛を同時に叶えて明るい肌に。
 

肌のくすみに悩む人向けの治療

◆I P L治療(フォトフェイシャルファースト)
IPLという光を顔全体に照射する治療。様々な波長の光を照射することで複数の肌トラブルを同時に改善。
 
◆導入治療
(イオン導入、超音波導入、エレクトロポレーションなど)
微弱な電流や超音波の振動を活用することで、肌の奥深くにより多く美容成分を浸透させる治療。治療により導入率が異なる。肌質やご希望に合わせて治療を選択する。
 
◆ビタミンAやCの配合スキンケア化粧品
 
◆ビタミンCサプリメント

肌のくすみに悩んでいる方は顔や体の血流が悪い場合が非常に多いです。漢方の世界では血液が滞った状態のことを「瘀血(おけつ)」と言います。瘀血の方には、血液を巡らせる運動などにも取り組んでもらうようアドバイスしています。
 

肌質改善のメリットは、肌だけでなくライフスタイルにも!

喜んでいる女性の画像
――肌質改善治療を受けることで得られるメリットを教えてください。
 
肌質を良くする治療を受けることで、単に綺麗な肌を目指せるだけでなく、普段の生活で多くメリットを感じることができると思います。
 
例えば、肌質改善治療で肌が綺麗になると、普段のスキンケアがさらに楽しく、かつラクになります。化粧ノリも良くなるので、メイク時間も短くなりますよね。また、おでこを出すような新たなヘアスタイルにも挑戦できるかもしれません。
 
本当に綺麗になるの?と不安になる方もいるかもしれませんが、美容クリニックで解決できる肌の悩みはたくさんあります。今よりももっと綺麗な肌を目指したい方は、一度美容クリニックに相談にいらしてください。

監修・取材協力

秋葉原スキンクリニック 院長 堀内 祐紀 先生 秋葉原スキンクリニック 院長 堀内 祐紀 先生

秋葉原スキンクリニック 院長 堀内 祐紀 先生

東京女子医科大学医学部卒業。東京女子医科大学皮膚科学教室入局後、都内皮膚科・美容クリニック勤務を経て、2007年秋葉原スキンクリニック開設。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本脱毛医学会理事。日本皮膚科学会・日本美容皮膚科学会・日本レーザー医学会・日本抗加齢医学会・日本香粧品学会所属。Allergan Medical Institute Japan Trainer(アラガン認定トレーナー)、Aケア協会アドバイザー。保険治療だけでなく美容治療を各種取り揃え、さらに肌を良くしたい!という気持ちを叶えるために、エビデンスのしっかりとした治療を、自信を持って届ける。